戻る

掲 示 板


◆ この掲示板は同好会会員同士の連絡場所です。
◆ このページは閲覧専用で、掲示板への投稿はできません。
◆ 掲示板へ投稿するには「会員のページ」にログインして「同好会ページ」へお入りください。
 2022年度総会のお知らせ
 横内孝文  2021年10月1日(金) 13:38
2022年度総会を下記の通り開催いたしますので、ご参加願います。

日時 11月7日(日) 10時〜13時
場所 ゆうむ25 601、602号室
内容 10:00〜 会費徴収(年会費1200円、傷害保険料5000円(加入者)、懇親会費1000円)
   10:30〜11:30 総会
   11:30〜13:00 懇親会(会費1000円、松花堂弁当、酒類出ます)

10月29日(金)までに出欠を入力願います。
https://chosuke.net/main.aspx?g=c2ad34303cc21a1b66

 2022年度総会出席者
 横内孝文  2021年10月16日(土) 13:38
10月20日(水)現在 12人(敬称略)
総会 12人:山寺、関、三澤、篠原、越智、秋山、松下、田中弘隆、江川、赤羽、宮坂、横内
懇親会 9人:山寺、関、三澤、篠原、秋山、江川、赤羽、宮坂、横内

 第197回例会のお知らせ
 横内孝文  2021年9月28日(火) 14:50
1.期 日 10月14日(木)

2.行き先 北八ケ岳 白駒池〜にゅう2352m(南佐久郡)

3.集 合 白駒池駐車場(有料) 7:45

4.ポイント 
 ・高見石から見た白駒池の紅葉
 ・岩、木の根等あり平坦な登山道ではありません。
 ・入浴料600円(茅野市民以外)

5.スケジュール(トレッキング所要時間約6時間)
  白駒池入口8:00→白駒荘→白駒池南岸→にゅう9:50(10分)→にゅう分岐→中山展望台11:20(昼食30分)11:50→高見石小屋12:30(10分)→高見石12:50(10分)→白駒池分岐13:50→白駒池入口14:00(10分)→塩壺の湯14:50(入浴)→現地解散16:00

6.注意事項
 ・2週間以内に体調を崩された方、感染リスクが高い地域の方と濃厚接触があった方は、参加しないでください。  
 ・自宅出発前に検温して、37度以上ある方は参加しないでください。
 ・マスクを持参してください(歩行時以外はマスク着用)
 ・食事、間食は自分の物のみ持参してください。

7.出欠(締切10月9日(土)、以降は横内携帯までお電話ください。)
 ・下記URLをクリックして、名前と車提供および入浴の可否を記入してください。
https://chosuke.net/main.aspx?g=1cd99e23941c1a18d5

 第197回例会参加者
 横内孝文  2021年10月10日(日) 11:44
10月13日(水)時点 13人(敬称略)
松塩 6人:米山、井口、山寺、保高、越智義、越智恵
諏訪 7人:浜、渡辺、原、宮坂、矢崎、江川、横内
伊那 0人

 第197回例会報告
 横内孝文  2021年10月16日(土) 9:38
期 日 10月14日(木)
行き先 にゅう 2352m(南佐久郡)
参加者 13人
天 候 晴れ

 天気予報よりやや早く前日午後から天候が回復し、さわやかな朝です。朝8時でも白駒池駐車場は結構な数の車が停まっていました。朝の日差しを浴びながら駐車場の隅で準備体操を行い出発しました。きょうは大先生が不参加なためお弟子さんが先生です。

 白駒池入口から白駒荘の前を通り、白駒池を左に見ながら進みます。湖畔は葉が落ちて紅葉の盛りは終わってしまった感じでした。休憩を挟みながら林の中の岩だらけの登山道を進み、約2時間で「にゅう」に着きました。早速岩のてっぺんで集合写真を撮り、次から次へと登山者が来るので、そそくさとてっぺんから降りました。「にゅう」では残念ながら周囲はガスで真っ白、硫黄岳方面は見えませんでした。

 「にゅう」から一番高い中山2496mを通り中山展望台を目指します。1時間ほどで中山展望台に到着です。到着時には周りは真っ白で眺望はありませんでした。ここで昼食を摂っていると、次第に雲が切れて周囲の山々が現れました。天狗岳の西峰東峰、八子ヶ峰に登山口の女神茶屋、車山にかかる雲の上には槍穂高も見えました。眺望はやや諦めていたので視界が晴れてラッキーでした。

 周りの景色を楽しんでから高見石小屋へ向かいます。一度下ってから再度の上りが結構応えます。高見石小屋は大勢の登山者で賑わっていました。ザックをデポして高見石に登りました。高見石からは白駒池がきれいに見えます。紅葉の盛りなら本当にきれいだと思います。小屋の名物揚げパンを味わうメンバーもいました。しばし疲れを癒してから白駒池入口に戻りました。

 茅野市の米沢温泉塩壺の湯で、山湯会としては久しぶりの温泉に入り、汗と疲れを流し解散しました。コロナ感染警戒レベルも1になり、普段より遠出をして4カ月ぶりにトレッキングを楽しみ、温泉にも入りリフレッシュすることができました。

 ヤマレコで見ると、我々の所要時間は標準コースタイム(基準は50歳代)でした。皆さん50歳代の脚力で素晴らしいです。

<行程>
08:05 白駒池入口出発
10:00 にゅう
11:38 中山展望台(昼食)
13:26 高見石小屋、高見石
14:33 白駒池入口到着
15:30 米沢温泉塩壺の湯
16:30 現地解散

<トレッキングデータ(EPSON MZ-500)>
所要時間:6時間28分、歩行距離:7.6km、累積上昇高度546m、標高差2500-2097=403m

(文責:横内)

<写真>
必要な写真を下記URLからダウンロードしてください(解像度640x480)。
高解像度版が欲しい方は横内までご連絡ください。
著作権:宮坂、山寺、横内
https://img.gg/Oex79Pr

 第197回例会中止のお知らせ
 横内孝文  2021年8月1日(日) 22:59
新型コロナウイルス感染者急増、上田・佐久・諏訪・長野圏域が感染警戒レベル4に、緊急事態宣言が6都府県に適用される状況を鑑み、8月5日例会(高峰山・水ノ塔山)は中止にします。

 第197回例会のお知らせ
 横内孝文  2021年7月22日(木) 23:05
1.期 日 8月5日(木)

2.行き先 高峰山2016m・水ノ塔山2202m(小諸市)

3.集 合 高峰高原ビジターセンター駐車場 8:00

4.ポイント 
 ・標高差66mと250mの2つの山に登ります。
 ・水ノ塔山はやや急登です。
 ・入浴800円

5.スケジュール
  高峰高原ビジターセンター駐車場発8:15→高峰山9:05→高峰温泉9:50→水ノ塔山11:10(昼食40分)→高峰温泉12:35→スキー場花畑13:10(散策40分)→高峰高原ビジターセンター駐車場13:55→高峰高原ホテル14:10(入浴1時間)→現地解散15:10

6.注意事項
 ・2週間以内に体調を崩された方、感染リスクが高い地域の方と濃厚接触があった方は、参加しないでください。  
 ・自宅出発前に検温して、37度以上ある方は参加しないでください。
 ・マスクを持参してください(歩行時以外はマスク着用)
 ・食事、間食は自分の物のみ持参してください。

7.出欠(締切7月31日(土)、以降は横内携帯までお電話ください。)
 ・下記URLをクリックして、名前と車提供および入浴の可否を記入してください。
   https://chosuke.net/main.aspx?g=577d81677f5719f71d

 第197回例会 参加者
 横内孝文  2021年7月25日(日) 10:51
7月31日(土) 7人(敬称略)

松塩 4人:米山、井口、赤羽、三澤
諏訪 3人:関、宮坂、横内
伊那 0人:

 200回記念トレッキング 参加者(2次調査)
 横内孝文  2021年7月7日(水) 21:26
7月20日(火) 12名(敬称略)
三澤、米山、井口、関、岩波、堀内、伊東、江川、保高、秋山、宮坂、横内

 第197回例会 中止
 横内孝文  2021年7月4日(日) 17:10
7月8日は雨の予報になっています。近隣の山梨県も同じようです。
安全第一の山湯会ですので、残念ですが8日は中止とします。

15日(木)も梅雨明けにはなっていないと思いますが、1週間前の天気予報を見て雨が降らないようでしたら、花が咲いている車山あるいは入笠山辺りへ行こうと思います。

 第197回例会のお知らせ
 横内孝文  2021年6月23日(水) 22:31
1.期 日 7月8日(木)

2.行き先 丸山ケルン(白馬村)2430m

3.集 合 黒菱駐車場 7:50

4.ポイント 
 ・八方池まではハイキングコース、八方池から丸山ケルンは登山コース(このコースは、以前エプソンの集団登山にて唐松岳に登った時のコースの途中であり危険箇所はありません)
 ・丸山ケルンまで登ると白馬三山(白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)と共に不帰ノ嶮が見えます。

5.スケジュール
  黒菱駐車場発8:05→黒菱平8:15→クワットリフト乗車8:30→リフト山頂(八方池山荘)8:40→第三ケルン(八方池)10:20→扇雪渓11:40(昼食)発12:10→丸山ケルン12:45→扇雪渓13:20→第三ケルン14:15→リフト山頂駅15:15→クワットリフト乗車15:25→黒菱駐車場15:55→解散16:05(入浴はありません)

 ・最近の例会は歩行ペースが落ちてきています。今回はリフト(8:30〜16:30)利用につき時間的制約がありますので、予定通りのペース維持にご協力願います。
 ・リフト代 往復1680円

6.注意事項
 ・2週間以内に体調を崩された方、感染リスクが高い地域の方と濃厚接触があった方は、参加しないでください。  
 ・自宅出発前に検温して、37度以上ある方は参加しないでください。
 ・マスクを持参してください(歩行時以外はマスク着用)
 ・食事、間食は自分の物のみ持参してください。

7.出欠(締切7月2日(土)、以降は横内携帯までお電話ください。)
 ・下記URLをクリックして名前と○×を記入して下さい。
 ・丸山ケルンまで行かずに、スローペースで八方池あるいは扇雪渓までの往復を希望される方は、「途中までを希望」欄に〇を記入してください。

  https://chosuke.net/main.aspx?g=96e291d0379619e720

 第197回例会 参加者
 横内孝文  2021年6月28日(月) 22:24
7月3日(土) 15人(敬称略)

松塩 3人:米山、松下、赤羽
諏訪 7人:宮坂、原、堀内、矢崎、浜、渡辺、横内
伊那 1人:久保村
宿泊 4人:山寺、岩波、篠原、伊藤元子(元山湯会メンバー)

 200回記念
 横内孝文  2021年6月22日(火) 22:35
6月24日(木) 12名(敬称略)

松塩 4名:米山、三澤、井口、保高
諏訪 8名:伊東、岩波、堀内、関、江川、宮坂、秋山、横内
伊那 0名:
難しそう:越智夫妻

 第196回例会報告
 横内孝文  2021年6月19日(土) 23:54
期 日 6月17日(木)
行き先 小楢山(山梨県山梨市)1713m、乙女高原1725m
天 候 曇り時々雨時々晴

 梅雨の季節の中、午後から晴れるだろうという期待で出発しました。双葉インターで合流した後2台の車で下道を登山口のある焼山峠へ向かいましたが、途中ではぐれてしまったためにそれぞれ独自に目的地へ行くことにしました。県道206号(林道川上牧丘線)を取った塩尻隊は、目的地の1km手前で県の職員から倒木のため通行止めになったことを知らされ、泣く泣くふもとまで戻って県道219号線で琴平ダムへ向かいました。一方、諏訪隊は野生の勘で当初の予定とは違う琴平ダム経由で目的地に到達し、雨の中塩尻隊を待つことになりました。

 琴平ダムで無事に合流してから、ダムの管理棟横にある東屋で少し早い昼食タイムにしていると、休んでいる間に雨がやみました。午後の天候回復を期待し、当初予定を変更して先に乙女高原へ行くことにし車で駐車場へ移動しました。乙女高原は害獣から植物を守る柵に囲まれたハイキングコースで、レンゲツツジをはじめとしてたくさんの高山植物を楽しみました。乙女高原の最高峰には「ヨモギ頭 標高1725m」という表示があって、小楢山の山頂よりも標高が高いことを知りました。乙女高原のロッジで集合写真を撮った後、天候の回復の気配が見えたため小楢山へ行くことにし、登山口まで車で移動しました。

 小楢山登山口の駐車場からスタートするとすぐに「子授地蔵」があります。小さなお地蔵さまがたくさん置かれている不思議な場所で、子供を授かりたい人がそのお地蔵さんを1体持ち帰って、子供が生まれたら2体お返しするという言い伝えだそうです。

 登山道はよく手入れされ、アップダウンがありますが歩きやすい道です。途中2か所う回路があり、右側回りで山頂を目指します。山頂に着くと晴れ間は見えるものの遠方には雲があり、残念ながら富士山はすそ野しか見えませんでした。それでも甲府盆地と手前の山並みがきれいに見えて、天候を心配しながらでも登った甲斐がありました。集合写真を撮って、山頂でくつろごうとしたところ、雨がぽつりぽつりと落ち始めたので、落雷を避けるために急いで下山しました。

 帰りはう回路を来た時とは反対側に取り下山します。途中にある的石は幅が薄いのにその高さが3人分ほどある大きな石で、その名前が神話時代に由来するそうです。さらに先に進み苔むした巨石をみながら下山しました。

 スタートで通行止めによるトラブルがありましたが、この季節にしてはたいした雨にも合わずに楽しいトレッキングができました。

<トレッキングデータ(小楢山)>
歩いた距離:6.6km、高低差:295m

<行程>
08:00 双葉SA集合
09:40 焼山峠登山口1km手前で、倒木のため引き返す
10:40 琴平ダムで合流
11:00 昼食
11:45 乙女高原
13:00 小楢山登山口
14:20 小楢山山頂
14:50 的石
15:40 小楢山登山口、現地解散

(文責:松下)

<写真>
必要な写真を下記URLからダウンロードしてください(解像度640x480)。
高解像度版が欲しい方は横内までご連絡ください。
著作権:宮坂、松下
https://img.gg/tNYvCAE

 200回記念トレッキング 参加者1次調査
 横内孝文  2021年6月15日(火) 13:21
10月例会で山行回数が200回となりますので、200回記念トレッキングを企画しました。過去3回は海外トレッキングでしたが、今回はコロナ禍のため海外遠征は無理ですので、東北の栗駒山と他1山へ行きます。

栗駒山は紅葉真っ盛りの時期で、相当な混雑が予想され早めの手配が必要なため、ここで1次調査を行います。後日最終確認をいたしますので、参加希望の方は一旦意思表示をして下さい。8月末位まではキャンセル可能と思われます。

参加希望の方は6月24日(木)までに、下記URLに、名前、〇選択、参加確率を記入してください。確率の低い方には別途確認を取らせていただきます。
不参加の方も、名前と×を記入して頂けるとありがたいです。
 https://chosuke.net/main.aspx?g=92c4de2b059219e185&s=9622050_4097&page=-1

<概要>
行先:栗駒山+東北自動車道沿線のコースタイム4時間位以内の山(検討中、できるだけ早く決定)
日程:10月7日(木)〜9日(土) 雨天決行
   1日目:出発5時〜6時 茅野バス観光→佐久南IC→くりこま高原温泉郷、途中観光も検討
   2日目:いわかがみ平登山口→東栗駒登山道→栗駒山→中央登山道→いわかがみ平登山口(約4時間、初心者コース)→3日目の山の近くへ移動
   3日目:登山口へ移動→トレッキング→帰宅 20時〜22時
   集合解散は茅野バス観光隣の高速バス停駐車場(無料)前提
費用:GOTOトラベルが使えれば5万円くらい、なければ6〜7万円(人数によります)
MAX人数:20名(目安で調整可能です)

<依頼事項>
・1日目は、上信越、関越、北関東、東北の各自動車道を経由します。途中で観光したい場所、見所があればご連絡願います。
・3日目に立ち寄りたい山、あるいは立ち寄るのに相応しい山があれば教えてください。検討いたします。

<その他>
・栗駒山は、秋田・岩手・宮城県境にある紅葉の大変きれいな山です。
・「神の絨毯」とも称される全山紅葉は、9月中旬、山頂付近から始まり、山腹、山麓へと広がり、10月中旬にかけてが紅葉シーズンとなっています。
・例年10月10日頃が最盛期のようですが、異常気象の本年がどうなるかは、「神のみぞ知る」です。
・山頂より山腹の方が綺麗なようですので、山腹の最盛期を狙いました。外れたらごめんなさい。
・栗駒山の紅葉は、ネットで検索すれば沢山出てきます。
・宿泊はバスが停まれる温泉あり水洗トイレの施設です。山中の山小屋ではありませんので、山小屋は無理と言う方でも大丈夫です。
・恐らくその頃には、皆さん2回のワクチン接種が済んでおり、感染リスクは今よりかなり下がっていると思います。
・10月7日予定の例会は、9月30日か10月14日に変更します。行先も栂池自然園から変更するかも知れません。

P1 P2 P3 P4 P5
全 84件